勝俣美秋の和楽日記トップ → 2009年07月
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 30 [ Thu ] 01:35 編集

そういえば・・・。

昨日、久しぶりに、タバコを吸っている夢を見た・・・。
いい夢だった。

誰だかわからないが、ラークをすすめられて、ためらいもなく、一本いただき、火をつけて、吸った。
ミリミリっと音がするまで吸いこんだ。

その吸っているシーンは妙にリアルに覚えている。
肺にしっかり吸い込み、久しぶりに吸い込んだのに、

「まだ、おいしく吸えるじゃん!」

と何の罪悪感もなく思った夢だった。

しかし、タバコの味は覚えていない。
「吸ってしまった!」とあせって起きたわけでもない。
後味も悪い夢ではなかった。

今まで忘れていたが、さっきテレビを何気なくつけたら、ラークをすすめているシーンがあり、突然、デジャブの様に思いだした。


タバコをやめて、全く吸いたくなくなる人と、何年しても吸いたい人と分かれるようである。
どうやら僕は後者であるようだ。

人には・・・

お酒を飲む席だけ吸う人がいるらしい。
一日一本だけ吸う人もいるらしい。
何かのご褒美に吸う人もいるらしい。
人からもらって吸う人もいるらしい。

どれにしても僕は無理だ。
そんな意思が強い、大人な僕になれたらいいと憧れる。

チョコレートを食べ始めると、止める事が出来なくなり、結局、板チョコ一枚完食をしてしまい、

「もう一枚食べるべきか、やめるべきか・・・。」

なんて事で迷ってしまうほど意思が弱い僕は、一本吸ったら、そのまま愛煙家まっしぐらだろう。

タバコは夢の中だけにしておこう。

スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 29 [ Wed ] 23:05 編集

もうすぐ八月。

七月もあと少しで終わりだ。

僕はなにをやっているのか・・・というと、
肉体トレーニングです。肉部です。
本を読んでます。映画も観ています。
芝居も観ています。
そして、来年からのわらくの活動を再開するにあたり、地道な作業をコツコツとやってます。
人とも会ってます。

しかし、お家大好きな僕は、なるべく外に出るのを控えています。
そして、家の中で作業をしています。
家が大好きな僕は、それも、悪くはない。

わらくの活動を、具体的な報告ができる日が待ちどうしい。

冷静に物事を判断し、前へ進んで行こう。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 26 [ Sun ] 02:43 編集

見て、想う。

先日、名古屋から親戚の人たちが来ていたため、一緒にお台場にいってきた。

ちょうど三連休の中日だった為、朝早くから、なんでこんなに人がいるのってくらい人がいる。
行列がそこここにできている。そして駐車場は地方のナンバーばかりで、品川や練馬など東京のナンバーを見つけるのが大変なくらい。

名古屋の親戚たちのお目当ては、18メートルの実物大ガンダム。
そして、二時間ごとにガンダムの目が光り、首が動くのだ。
そのあとには、観客から拍手が。会場が一体になっていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

そこでも思ったのだが、最近どこへいっても、何かあるとすぐに携帯で写真を撮っている姿だ。


目に焼きつけるという感覚がどんどん遠くなっていくような気がする。

特に、若い人たちはその行為に対して、何の違和感もない様な方がおおいと思う。

きれいな景色を観て、

「ちょーすげー景色!!」

と言って何の躊躇もなく携帯で写真をとる。

なんか、げんなりする。

まず、景色をよく見ろよ、そして感じろよ、言葉で説明するな、と思う。
同じところにずっといて景色をみていると、来る人来る人が笑っちゃうくらい同じ行動をとり、同じ事を言う。

電車の中でもみんな携帯ばかり。

いまは、横のつながりも縦のつながりも薄い社会なのに、なんでこんなに行動や使っている言葉、表現の仕方が同じなの?って、気持ちが悪くなってくる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

なんか、デジカメや携帯の写真で撮ったことによって、安心してやしないか。
家帰って写真見たって、そりゃあくまで写真だ。
生の感覚。

見て、想う事を放棄していないか。
畢竟、感動も薄くなってしまうだろう。

お台場はそんな人たちであふれていた。


そして、僕も、ガンダムの写真を撮ってしまった・・・。



ガンダム




| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 20 [ Mon ] 22:50 編集

未来へ!!

東京ハンバーグ主宰の大西弘記君と、久しぶりにさしで飲んだ。
飲んだ飲んだ。弘記と別れた瞬間から、やっぱり記憶がなくなっていた。

そのくらい飲んで、話して、飲んで、話して尽きなかった。
同じ釜の飯を食った人間同士、戦友ですな。

1を話せば3になり、4を話せば6になる。
お互いの腹のうちはわかっている。
そういえば、一緒に住んだこともあったっけ。


馬鹿な話もしたが、仕事の話もした。
それにしても、飲んで、はなした。

今後、面白い展開になってくような気がする。

それにしても、弘記はがんばってるなー。


頑張らねば!!



| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 15 [ Wed ] 00:13 編集

梅雨明け。

今日、梅雨明けしたそうだ。
暑い夏がやってくる。


毎年思うが、夏は、なぜか、さびしい。

花火が盛大であればある程、

蝉がたくさん鳴けば鳴くほど、

日差しが強ければ強いほど、さびしい。

夏はたくさんの生き物たちが、力いっぱい生きている季節でもあるが、

終りに向かって、力いっぱい生きているような気がして、

ある時代の日本を思い出す。

それだけではない。

現在進行形の人類にきづかされる。

なにが、どこへ向かっていようと、僕は僕の道を歩こう。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

未分類07 / 13 [ Mon ] 23:52 編集

妹の友達Y・Iさんより、頂いちゃいました。
Y・Iさんとは先日、妹と一緒になすび山の芝居を見に行ってきました。

その日の朝に取れた野菜を、その日のうちに到着するようにしてくれて。

どうですか、千葉の地元の野菜たちです。

↓↓↓


野菜2

トウモロコシの色!
さっそくゆでちゃいました。


野菜1


感動です。


そして、さっそく、夏野菜カレーを作りおいしくいただいております。
キャベツ、人参は生でもいただきました!

まだまだ、沢山・・・ありがたい。

感謝、感謝です

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 09 [ Thu ] 00:30 編集

七夕。

今年も七夕がやってきた。

ひこぼし様とおりひめ様は会えたのかな??

毎年、思うが・・・ひこぼし様とおりひめ様が年に一回しか会えないのに、よりにもよってなんで七夕は梅雨の時期なんだろう。今年も相変わらず天気が悪かったが、七夕の日は晴れていた。が、星はきれいに出ていなかった。

かわいそうに・・・また来年か・・・。


そんな事思いながら、神社にあった笹にかかっていた短冊を見ると、実にたくさんの人が、いろいろな願いが書いてあった。しかし、短冊に願いを書き、笹に下げるためには300円支払わなくてはならない。

「今年こそ結婚します。」

「受験合格しますように。」

「家族みんなが、幸せになりますように。」

などなどよく見かける願い事だろう・・・しかし、これはどうだろう。
ある女性のメッセージだ。赤の短冊を選ぶのは女性らしいが、


七夕


・・・赤は血の赤か。

300円支払って、世界征服の願をかける人って、何だろう。
ちょっと、おもしろい。


その横には、青い短冊で、

「世界中の平和」

って書いてあった。
いい事だと思うが・・・「世界征服」も「世界平和も」お互い願いがでかすぎる。

七夕で願う事じゃないような気がする。



| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

勝俣美秋日記07 / 03 [ Fri ] 23:46 編集

落語のすすめ。

僕は落語が大好きだ。
ipodの中にはどのくらいの話が入っているか・・・かなりの数の話が入っている。

文楽、金馬、志ん生などの噺家は好きな落語家だ。
「文七元結」、「蛙茶番」、「双蝶々」、「三十石」、「らくだ」・・・覚えるほど聞いている。
移動の時は、よく落語を聞いている。
落語からどのくらい学んだ事か。

その中でも、大好きな落語家は六代目、三遊亭圓生。

「芸」というものはこういうことか。よだれが出るとはこういうことか。

と、最初に聞いた時は、大変ショックを受けた。
そして僕が表現という事で、大変影響を受けた落語家だ。

いいものはその時、その時の自分の立場、心情などが変わると、また違ったとらえ方ができたり、理解が深まったりする。時には、「僕も成長したな」などと、生意気にも思い、自分のバロメーターのようにもなる。

落語には、たくさんのエキスが詰まっている。
何とも気風のいい江戸っ子が出てくる。
言葉は悪いが、心はめちゃくちゃ良い。
悪人でもどこか憎めない。

そう、でてくる人物が憎めない。
ここら辺に、僕が学ぶべき事があるのだと思っている。

悪人を演じる時は、全くの黒でやったほうがいいという人と、盗人にも三分の理だという演技論で、ある著名な俳優が喧嘩をしていたという話を聞いた事があるが、どちらにしても本質的には同じではないか?違うのかな。

品のない人には下品な役はできないでしょ。
見せものだから、本当の下品な物をみせられても、お客さまは、ぞっとしない。

今は充電と地盤を固める時期だ。
そんな事を考えながら、充電作業は現在進行形ですすんでいる。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

稽古日記07 / 01 [ Wed ] 00:03 編集

タバコの害についてその2。

六月も今日で終わり。

昨年の9月からタバコをやめて早十ヶ月になるとしている。

よくタバコをやめた人から聞くのが、ご飯がおいしい、そして太ったということだ。
しかし、僕はそこまでやめる前と後で、ご飯の味が変わったとは感じなかった。
体重は少し増えたが、太ったというほどではない。

しかし、タバコをやめてから顕著になったのが、お酒を飲むと、よく記憶をなくすようになった事だ。
タバコをやめてから飲むと、かなりの確率で、びっくりするくらい記憶がなくなる事だ。

この前のブログも、記憶がなく書いていた。
人に指摘されてびっくりして、ブログを見たら、なんか意味不明の事が書かれていた。
その前は、焼酎の一升瓶をリュックに入れたまま、エスカレーターで転倒し下まで転落した。
その前は・・・。もうやめよう。

大人、失格ではないか。

うーんこれは、問題だ。
全く記憶がなく、自宅へ戻ることも一度や二度ではない。
三度や四度でもない。もっと頻繁だ。

タバコをやめて・・・顔色が良くなった。
肌つやが良くなった。少し体重も増えた。
胃の痛みも少なくなった。
せき込む事も少なくなった。
体の調子は良くなったと思う。

しかし・・・
お金は、タバコを吸っている時と変わらず、意外にたまらない。
そして、頻繁に記憶を全くなくす。

なぜだろう・・・。

勝手な自分の分析は、今までお酒を飲みながらタバコを吸っていた時間が、すべてお酒に言ってしまっているので、それが原因ではないかと思っているが、あっているかわからない。

しかし、考えてみるとそんなに深酒をしていないのに、記憶がなくなる。
なぜだ、これはタバコをやめた事と何か関係があるのではないかと思っているが、その因果関係についてはわからない。

誰か、わかる人はいないだろうか。

「それは、タバコじゃなく、歳ですよ。」

との声が聞こえてくる。

いや、違う、これは絶対にタバコに関係がある!!・・・と勝手に思っている。

タバコの害についてでした。

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

  • ユーザタグ●
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。