FC2ブログ
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

未分類02 / 09 [ Mon ] 01:42 編集

今日から、立ち稽古が始まった・・・・。


先日の本読みの時・・・。

丸尾さんは吠えていた。
かなりテンションが高かった。

「いよいよ来たか」

と僕のテンションも高くなった。
ダメ出しもかなり力が入っている。
シーンが、丸尾さんのイメージから少しでも外れていると、何度もやり直す。
またそのシーンのダメ出し、読み合わせ・・・

と何度も何度も繰り返す・・・・

その、緊張感のある稽古場で演出助手のわかなちゃんのマイナスイオン出しまくりの存在は大きい。大変なごむ。

以前に一度、わかなちゃんには僕の演出助手にもついてもらったこともある。
その時も僕はわかなちゃんの存在に大変助けられた。


そして先日。
丸尾さんがダメ出が始まった。
かなりのテンションで始まった。
僕は丸尾さんをふと見てみた。
そして丸尾さんの隣の演出助手のわかなちゃんに癒されようと、わかなちゃんを見た。

ん?!わかなちゃんが、

・・・なにがあった・・・森進一のものまねか・・・?
皆をなごませようとしているのか・・・??

違う、あれは、わかなちゃんが・・・あのような緊張感のある現場で、こともあろうに丸尾さんの横で、睡魔と闘っており、あくびを必死でこらえていた姿だった・・・。

その顔は、そう、森進一そのものだった。

大物だ。


以前、わかなちゃんの前で、

「ダンカンありがとう!」

とものまねをし、「誰だかわかる?」と聞いたところ、

「あっ!わかります。丸尾さんです。」

と言われた。

確かに、声がハスキーなところは似ているが、なぜ「ダンカン」とまで言っているのに、その人がわからないのだろう・・・、僕のものまねがそんなにまずかったのかとかなり傷つけられたこともある。


が、それ以上にマイナスイオンを出しているわかなちゃんは、今、稽古場でも確実にみんなをいやしてくれている。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに















非公開コメント

トラックバックURL
  • ユーザタグ●
 Powered by FC2blog
-->
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。