FC2ブログ
勝俣美秋の和楽日記トップ → スポンサー広告 → タバコの害についてその2。勝俣美秋の和楽日記トップ → 稽古日記 → タバコの害についてその2。
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

稽古日記07 / 01 [ Wed ] 00:03 編集

タバコの害についてその2。

六月も今日で終わり。

昨年の9月からタバコをやめて早十ヶ月になるとしている。

よくタバコをやめた人から聞くのが、ご飯がおいしい、そして太ったということだ。
しかし、僕はそこまでやめる前と後で、ご飯の味が変わったとは感じなかった。
体重は少し増えたが、太ったというほどではない。

しかし、タバコをやめてから顕著になったのが、お酒を飲むと、よく記憶をなくすようになった事だ。
タバコをやめてから飲むと、かなりの確率で、びっくりするくらい記憶がなくなる事だ。

この前のブログも、記憶がなく書いていた。
人に指摘されてびっくりして、ブログを見たら、なんか意味不明の事が書かれていた。
その前は、焼酎の一升瓶をリュックに入れたまま、エスカレーターで転倒し下まで転落した。
その前は・・・。もうやめよう。

大人、失格ではないか。

うーんこれは、問題だ。
全く記憶がなく、自宅へ戻ることも一度や二度ではない。
三度や四度でもない。もっと頻繁だ。

タバコをやめて・・・顔色が良くなった。
肌つやが良くなった。少し体重も増えた。
胃の痛みも少なくなった。
せき込む事も少なくなった。
体の調子は良くなったと思う。

しかし・・・
お金は、タバコを吸っている時と変わらず、意外にたまらない。
そして、頻繁に記憶を全くなくす。

なぜだろう・・・。

勝手な自分の分析は、今までお酒を飲みながらタバコを吸っていた時間が、すべてお酒に言ってしまっているので、それが原因ではないかと思っているが、あっているかわからない。

しかし、考えてみるとそんなに深酒をしていないのに、記憶がなくなる。
なぜだ、これはタバコをやめた事と何か関係があるのではないかと思っているが、その因果関係についてはわからない。

誰か、わかる人はいないだろうか。

「それは、タバコじゃなく、歳ですよ。」

との声が聞こえてくる。

いや、違う、これは絶対にタバコに関係がある!!・・・と勝手に思っている。

タバコの害についてでした。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに















非公開コメント

トラックバックURL
  • ユーザタグ●
 Powered by FC2blog
-->
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。