FC2ブログ
勝俣美秋の和楽日記トップ → スポンサー広告 → 気配り、心配り、役作り。勝俣美秋の和楽日記トップ → 稽古日記 → 気配り、心配り、役作り。
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

稽古日記10 / 29 [ Thu ] 03:52 編集

気配り、心配り、役作り。

気配り、心配り、役作り。

この頃、痛切に思う。
気配り、心配り、役作り、これはイコールだなっと。

僕の芝居の師匠と初めてお会いした時、

「君は人間か」

と突然言われた。
?☆!?◇???・・・こんな感じだった。

「一生をかけて人間になりなさい。人間として成長しないと、いい仕事はできない。」

とも言われた。

「でも、人間として成長するって言っても、優等生ではないからね。常識じゃないんだよ。」

とも言われた。

暫く、よくわからなかった。


しかし、芝居を続けてきて、この頃少しづつわかってきた。
人間の中味がそのまま、イコールだって事が実感で。

あと、

「音に敏感じゃない人間はいい仕事ができない。」

ともよくいっていた。余計な音は立てるなと。
芝居をしている時はもちろん、それ以外でも。

これも、ほんとイコールだなって、実感として想う。
音に対する感覚が、その人の発声の感覚。本を読む感覚。
雑音いっぱいで戯曲読んで、声出しても、雑音しかでてこないのは当たり前。
五月蝿い、とはよく言ったものだ。

繊細な感覚は普段から、大事に大事に育てていかないと、すぐになくなっちゃうものな。
残念ながら、芝居は芝居じゃないんだな。

あー、恐い恐い、僕も役者だもんな。
人間だものな。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに















非公開コメント

トラックバックURL
  • ユーザタグ●
 Powered by FC2blog
-->
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。