FC2ブログ
スポンサー広告-- / -- [ -- ] --:-- 編集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

勝俣美秋日記12 / 01 [ Tue ] 00:37 編集

観劇。

先日、昼、渋谷パルコ劇場で「海をゆくも者」、夜、「月光の在り処」と一日に二本観劇。

「海をゆく物」演出、栗山民也、出演者、小日向文世、吉田鋼太郎、浅野和之、大谷亮介、平田満と、皆、僕の大好きな方が作りあげる舞台だったので、大変楽しみにしていたが・・・やっぱり期待は裏切られず。みれて良かった。感謝。

芝居終了後のトークショーも拝見し、役者それぞれの人柄が面白かった。
やはり、演劇人は酒の席での失敗はつきものなんだ・・・と、トークショーを聞いていて、なんか、親近感を覚えた。そして・・・気をつけようと、自分を戒めた・・・。

この間、僕は、道で寝ていたらしい。
その日はスーツを着ていたのだが、翌日みると、背中や、いたるところが汚れていた。
妹の結婚式には三次会で酔いつぶれ、行方不明になっていたようで、発見された時には、ドブで寝ていたらしい・・・つぶれたのが早い時間だったので、翌日、妙にすっきりと7時ごろ目を覚ましたが、頭が砂だらけだった・・・そして、小さい頃には、酒に酔って、溝に落ち、凍死している人を見た事がある・・・、気をつけよう。


夜はTOKYOハンバーグの「月光の在り処」。
客席でも何人か知り合いがちらほら、終演後、皆で飲みに行く。
TOKYOハンバーグ主宰の大西弘記と出演者の水野さんやダンサーた達も後から合流。
その中には伊藤道朗同門会に参加している方もいらっしゃり、久々に伊藤道朗についての話しや、伊藤一族の話ができて、うれしかった。

芝居は・・・純粋に演劇としては、いまいちだった。
前回の公演の方が、演劇としては数段よかった。
その事は、飲みの席で直接、大西には伝えた。

しかし、彼との十何年の付き合いの中で、今の彼がやっている事は、僕には理解できる。
賛否両論はあるだろう。百万人の演劇などないのだから。そんなものはファシズムだ。

大いに賛否両論を引き起こせ。
無駄なところでの議論などはいらないが、作品についてや演出について内容も、賛否両論、いいではないか。今回、「演劇」としていまいちでも、ずっと前からの一貫した大西の姿があったので、僕は今回、彼が作り上げた物に対して応援する。


・・・酒を気をつけようと、昼思ったが、そこでも結構飲んでしまった。
そして案の定、家に着くころになると、気が抜けてきたのか、記憶が、ちょいちょいなくなっていた。
ホント、気をつけよう・・・。
スポンサーサイト

| comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

コメントおおきに















非公開コメント

トラックバックURL
  • ユーザタグ●
 Powered by FC2blog
-->
テンプレート ● cStyle_0  Template Design K-do anystyle
AD ●   Powered by FC2blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。